リボ払いの正式名称は、元利均等返済というものです。分割払いと同じように、毎月の支払で返済をすることになりますが、こちらの場合は、その返済金額の割り出し方がかなり違います。リボ払いの場合は、元金と発生する利息の合計を足して、それを返済回数で割った金額が、毎月の返済金額となります。

そのため、一回当たりの返済金額が少額になります。しかし、月々の返済金額が少ないために、返済回数は多くないり、分割払いの時と比べると金利が余分に発生してしまい易いのです。さらに、返済金額が毎月少ないということは、ついつい余裕があると思ってしまう原因でもあります。
そのために、何度も何度もリボ払いでお金を借りてしまうことになりかねません。その結果、返済期間が長くなり、分割払いよりも多くお金を支払うことになってしまうのです。

また、返済が長くなれば長くなるほど金利も増えていきますから、リボ払いではいつまでたっても完全に返済することができないのでは、と不安に思われる方も多く、一時期それで悩んでいた方が多かったほどです。この傾向はキャッシングを使い慣れていない、カードローン初心者に良くあることです。カードローンを初めて利用するときには、月々の返済が楽になるから、という甘言に惑わされないようにしなくてはいけません。