カードローンの返済方法は、殆どがリボルビング払い、いわゆるリボ払いと呼ばれるものになります。もちろん、一括で返済することも可能です。
例えば給料前やボーナス前に一時的に借りた時などは、一括返済をすることもあるかもしれません。しかし、キャッシングの場合はリボ払いによる返済が基本になります。

ただ、一般的にCMなどで良く知られているリボ払いと、前述したリボ払いは少し違うのです。詳しくは後程説明しますが、カードローンの返済方法は結果として、分割払いとCMなどで知られているようなリボ払いとの2種類に分かれることになります。

リボ払いが広く知られるまでは、ほとんどの人が利用していたのは分割払いです。最近ではリボ払いが知れ渡るようになり、キャッシング会社もリボ払いをするように勧めて来るので、キャッシングを初めて利用したときに自分はリボ払いをすることになった、という人は多くいるかと思います。

しかし、リボ払いは広く知れ渡っているがために、多くの人が安心して利用できるものだと思ってしまいますが、実は大きな落とし穴があり、キャッシング初心者が利用すると大変なことになってしまうことがあるのです。ですから、キャッシングを利用する際には自分自身にぴったりな返済方法を選んだ方が得策です。
ただ、その違いについて理解していなければ、きちんと選べないかと思いますので、今回は分割払いとリボ払いについての違いをまとめてみました。